らくなマスク

らくなマスク

富岳のマスク飛沫抑制効果シュミレーション「らくなマスク」の場合は?

富岳のシュミレーションを当社の「らくなマスク」や「ミセルンデス」に対して行ったらどうなるか?という想像図を作成してみた。  不織布マスク(左)布マスク(右)の漏れ飛沫(黄色)がが頭部周囲から上部に飛散しているが、らくなマスクとミセルンデス(中央)は殆ど上には飛散しない
らくなマスク

不織布に負けない布マスク(その3「肌ケアマスク」)

「飛沫をしっかりブロックする特殊フィルター」という動画を見て、飛沫防御機能が強いのでは?と思い購入しました。  裏地の綿織物が厚手高密度の織物なので、通気性がかなり悪いのです。この通気性の悪さで飛沫も通りにくくなります。
らくなマスク

不織布マスクに負けない布マスク(その2「ドレスアップマスクPASAYA」)

タイ製の形がユニークな布製立体マスクです。 表地に綿混(たぶんポリエステル混紡)の強撥水生地。顔側に抗菌性のあると言う綿100%の生地を採用し、独特の折りたたみ方で縫製しております。
らくなマスク

不織布マスクに負けない布マスク(イントロダクション)

同じ「布マスク」と言っても、素材、形状など千差万別で、不織布マスク以上に「飛沫防御」に優れているものがあり、ウレタンマスクのような飛沫が素通りするようなものとは一緒に括れない。布製でも飛沫を防止する効果の高いマスクの幾つかを紹介する。
らくなマスク

撥水性の試験装置(簡易法)を作ってみました。

マスクの飛沫防止に、大きな影響を与えるのが素材の「撥水性」です。撥水性の強い素材は、飛沫(殆どが水分の固まり)を防止する効果が大きいのです。 そこで、この撥水性を測定することにより、マスクの「飛沫防止性能」をある程度類推することが出来ます。
らくなマスク

超立体不織布マスクを初めて使ってみた

不織布マスクの最大の欠点である「上と横の隙間からの漏れ問題」が、立体マスク構造にする事で隙間がかなり減ります。  その分息苦しくなるのですが、そこを口前面の空間容積の確保と不織布フィルターの通気性の程度で調整しています。
お知らせ

東京新聞のトップに掲載されました。

東京新聞さんが、今回、なんと一面のトップニュースにて取り上げて下さいました。社会面や地域ニュースでは、これまで何回か掲載して頂いたことはあったのですが、一面トップは初めてでビックリです。
お知らせ

池袋西武デパート本店でPOPUP出店してます。 

会場:池袋西武デパート本店 7階(北B2)=くらしのぎふと [POP UP SHOP]葛飾町工場物語 にて、葛飾区内の町工場の皆様とともにPOPUP出店しています。 ■会期:2021年2月17日(水)~3月9日(火)
らくなマスク

不織布マスク絶対論の落とし穴

昨今の風潮である「不織布マスク絶対論」には大きな落とし穴が2つある。 一つは「マスク装着時の快適性」という重要なファクターが二の次というより無視されているという事。 もう一つは「エアロゾル」という言葉の誤った使い方である。
らくなマスク

各種マスク性能比較

スーパーコンピューター富岳のシミュレーションは、良く目にしますが、「飛沫飛散の実測」というのは、費用も掛かるし、測定自体が難しいので、なかなかお目に掛かれません。  今回ご紹介するのは、国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長の西村秀一医師の実験実測値です。
タイトルとURLをコピーしました